犬・京都のしつけ教室・マナー教室・出張訓練・犬との安心安全な暮らし方、接し方、環境設定・仔犬のしつけ


しつけ・トレーニングの考え方・方法について

犬との暮らしで一番大切なこと

当スクールが一番大切にしている事は、

「飼主さんと家族の一員であるワンちゃんが、お互いに何の不安もなく心から安心して暮らせている事」です。

 

どんな問題行動も、何を始めるにも、

一番考えないといけない基本はその部分だと思います。

 

人と犬の間に上下関係はありません。大切なのは飼い主さんが大好きで、お家の中には何も怖い事も不安な事もなく、100パーセント心から安心してのんびりリラックスして過ごせている事です。子犬の時からそうやって人に対する不安や警戒心を一切感じる事なく、安心と信頼を積み重ねて育った犬は、本当にやさしくて穏やかな犬に成長していきます。

 

仔犬も成犬も、小型犬も大型犬もどんなワンコも・・・!

安心して心穏やかに飼い主さんと日々を過ごせるようにしつけ・トレーニングを通してサポート致します!

 

仔犬のしつけはいつ頃から?今は問題ないから大丈夫?しつけは予防が一番です!

ストレスに強い、明るくて自立した犬に育てましょう!

吠える、噛むなどの問題行動は、ある日突然始まるのではなく、毎日の飼い主さんとの接触の中で覚えたり、知らず知らずに小さな不安や苦手の繰り返しが積もり積もって起こります。子犬の場合はそれが形となって出てくるのは生後6~8ヵ月以降といわれています。

 

問題行動はそうなってからよりも、起こる前に予防のためのしつけに時間をかけたほうが断然簡単で、早く教える事ができます。この時期に予防のしつけのために費やした時間は、その後十数年のご愛犬との暮らしを安心で楽しい幸せな時間にしていくために良い経験としてとても強く、仔犬の中にお守りのように残っていきます!

 

子犬はお家に迎えられたその日から、持って生まれた鋭い観察力で毎日の飼い主さんとの暮らしの中で色んなことをどんどん学んでいきます。ですから新しく犬を迎えられたらまずはすぐに、問題なくお利口さんに育てるための環境作りから接し方までプロのアドバイスを受けられることをおすすめ致します。

 

当スクールでのしつけ・トレーニングの方法

食べ物やおもちゃを使って、ワンちゃんが自分で考えて自ら人が望む行動ができるようにトレーニングを行います。

食べ物は言葉の通じない犬にとって一番わかりやすい報酬です。

そして一番わかりやすく、人は安全でやさしい生き物だよ、と伝える事ができるアイテムです。なので食べ物を上手く使う事で、叱らなくても人との生活のルールはもちろん、競技会等の難しいトレーニングも楽しく教える事が可能です。

 

食べ物の有効な使い方を知って、楽しくて幸せなドッグライフを始めましょう!